サラリーマンがやるべき確定申告とは


まず、最初にあなたの会社が副業O.Kかどうか

 

調べてください。 就業規則に書いてあるはずです。

 

O.Kであれば大手を振って頑張ってください。

 

副業禁止だとしたら、どうするか。

 

 

ここ近年、副業を容認する企業も増えてきました。

 

裏を返せば、何かあった時のためにちゃんと備えていて下さい!

 

本業に影響のない範囲でなら大目に見ますよ、と言っているのです。

 

 

ただ、いまだに副業禁止の会社も数多く残っています。

 

アフィリエイトというものが副業になるのか?という疑問もあります。

 

アフィリエイトは固定化されたアルバイトとは違い

 

一般には「雑所得」として扱われます。 競馬の収入等と同じですね。

 

ただ、それでも副業と会社が言えば副業扱いされるでしょう。

 

 

では、アフィリエイトで一万円でも稼げば会社に報告するのかといえば

 

それはないです。 サラリーマンの場合、本業の所得とは別に

 

年間20万以上の収益 が出ると確定申告しなくてはいけません。

 

 

ただ、この20万というのはあくまでも利益としての話です。

 

アフィリエイトの場合、そんなに経費が掛かるわけでもないので

 

アレですが、例えばレンタルサーバーを借りて2万円掛かったします。

 

(そんなにはかかりません。例です。)

 

そして、その年に利益が21万円出ました。 そうなると・・・

 

21万-2万=19万となって、利益は20万を超えてないということに

 

なります。 あくまでも利益なのです。

 

 

もし、20万円以上の利益が出た場合はその翌年に確定申告してください。

 

これを怠ると最悪、会社にバレます。 また国民としての納税の義務も発生します。

 

これは、FX等の収益でも変わりません。 確定申告する時は、住民税は

 

「自分で納付する」の欄にチェックを入れれば大丈夫です。

 

もし、確定申告するほど儲かったら自分でもお住いの地域の役所に相談してみてください。

 

 

ここまで、やっていても会社にバレルときはバレます。  例えば・・・

 

あなたが同僚に「イヤ~、アフィリエイトで儲かっちゃったよ~」と話した事を

 

違う人間が、ねとましく思い上司に報告してしまったら。

 

なので、副業をやる・やらないの判断は全て自己責任となります。

 

 

ただ、アフィリエイトがだめならヤフオクやメルカリのオークションで儲ける事だって

 

だめなはずです。  要はきわめてグレーだという事ですね。

 

ですので、副業をやる場合はあまり目立たず行うのがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ