情報商材を買えば、確実に稼げるの・・・?


 

よく、アフィリエイトのお悩み系の質問を見ていると

 

こんな質問する方が多いようです。

 

「有名なアフィリエイト教材を買って勉強したら、確実に稼げますか?」

 

これは次の質問と同じ意味だと思うのですが・・・

 

「有名な野球の入門書を買って頑張ったら、プロ野球選手になれますか?」

 

当然これはもう、その人の努力次第というしかありませんよね。

 

 

ですが、ネットで集めた情報だけを頼りにアフィリエイトを続けるというのは

 

大変な遠回りの、気の遠くなる作業です。

 

そんな根気を持ち合わせている人はまれでしょう・・・。

 

 

あなたは、この割れた情報を元通りにするほど暇ですか?

 

 

 

その情報商材をつくるにあたり、その制作者はそこに至るまでに

 

驚くほどの時間とお金をつぎ込んでいます。

 

 

中には、2~3年かかって、完成したケースも少なくないでしょう。

 

また、そこに行きつくまでにセミナーや教材に2~300万費やした人も

 

多いと聞きます。

 

 

我々は、その時間と資金と労力をお金で買うわけです。

 

それにより、何が得られるのか?

 

  • 大幅な時間の短縮
  • 無駄な労力の軽減
  • 余計な物への投資の削減

 

こんな感じでしょうか。

 

 

ある程度の実績をあげている人であれば、その教材を実践して

 

なんの成果も出ない!という事になったらその方の信用は地に落ちます。

 

 

目先の利益を得るために、これまでの苦労と今の地位を捨てるような真似はしないはずです。

 

なので、ある程度の実績がある人の教材であれば、間違いも少ないといえます。

 

あとは、我々がいかにその教材を読み解くか?だけです。

 

 

 

実は、同じ教材を使っても成果を出せる人と出せない人がでてきます。

 

この違いはなんでしょう・・・。

 

 

ズバリ、答えを言います!

 

ここ最近、引っ張って引っ張って、最後に答えはレポートで読んでね!

 

ってのが多くて、ちょっとイラッ!としたので言い切っちゃいます!(笑)

 

 

ここ、大事です。

 

 

例えば、作者が

 

「ここは、本当に必要な事なので最低でも一か月は続けてください」

 

と言いました。 Aさんは

 

分かりました。頑張ってみます。

 

と、言われたことを理解しました。 もう一人の、Bさんは

 

 

最低でも、一か月ね! 分かりました、でも身に付けば10日でもいいんでしょ。

 

 

この違いが分かりますか?  文章を読み解く力の差なのです。

 

なぜ、作者は一か月続けろといったのか。 そこには意味がある訳です。

 

しかし、B さんは自分に都合のいい解釈に置き換えるわけです。

 

 

この時は、AさんとBさんには、わずかの差しか生まれません。

 

ですが、Bさんはこの時に作者の意図するゴールまでの道のりを、少し誤るのです 。

 

一事が万事、その後も勝手な解釈でBさんは突き進んでいきます。

 

 

半年がたった時にAさんとBさんの差は、埋められないほど大きくなりました。

 

 

書かれている文章を読みとく力が、いかに大事か!

 

読み飛ばしているだけでは、頭に入ってこないこともありますので

 

分かっていることでも、何度か読み返す習慣を身につければ

 

本当に大事なことが見えてくると思います。

 

 

私自身もよくやってしまうので、時々思い出してやって行きたいと思ってます。

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. apa より:

    たしかに、教材とか買うと、「ゴールにすぐたどり着けるんじゃないか?」と錯覚してしまいますが、そんなことないんですよね・・・。

    今、結果を出している人たちもひとつひとつのピースを組み合わせてノウハウを確立しているんですもんね・・・

    僕自身、新たなノウハウを学び中で、少し焦っていた部分もあったので、あらためてひとつひとつ、地に足をつけて学ばないとならないな、と思いました。

    また、解釈をひとつ誤ると、道を大きく踏み外すことになってしまうんですよね・・・

    しっかりと正しい道に歩いて行けるように、読み解く力を高めていきたいと思えました。

    勉強になります。

    ありがとうございます(^^)

    • おたけ より:

      apaさん こんにちは!

      いつも、コメントありがとうございます!

      確かに、教材どうりにやっているつもりでも

      「本当にこれで間違ってないんでしょうね」

      と疑心暗鬼になるとき、ありますよね。

      そういう時は、私はもう一度読み返すようにしてます。

      そうすると、「こんな事、書いてあったんだぁ~」っていうのが

      ボロボロでてくるんです(笑)

      いかに、勝手に読み進めていたのかが、よ~く分かります。

      日々、勉強ですね。

      貴重なコメント、ありがとうございました!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ