情報商材のメリット、デメリット


情報商材というのは、インターネットを介して購入するハウツーやマニュアル商品のことです。

 

主に、テキストや動画を組み合わせたものが多く、「PDFファイル」されたものを

 

ダウンロードするのが一般的です。  情報商材というとなにやら胡散臭い感じがしますが

 

現在においては、過去のそういった詐欺的なものは、ほぼ姿を消しています。

 

ただ、皆無かといえばそんなことはないというのも現実です。

 

 

ですので、初心者の方はまず信頼できるアフィリエイターさんの記事を読み

 

購入を検討されたほうがよろしいかと思います。

 

では、普通に売られている書籍とどう違うのか、メリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

デメリット

 

まず、デメリットのほうから説明します。

 

★実際に購入するまで中身が分からないというのが最大の難点です。

 

昔は悪質な詐欺まがいのものも売られていたそうですが、 今は審査も厳しくなりました。

 

ただ、商品が届くまで中身が分からないというのは、やはり不安です。

 

★値段が一般書籍に比べ、高価であるということです。

 

元がとれれば安いものとはいえ、最初の値段は大切です。

 

 

メリット

 

次に、メリットですが

 

★一般の書籍ではそこまで細分化したものは手に入らないということです。

 

ノウハウ的には、突っ込んだ内容の濃いものになっています。

 

★書籍と違い買った後も、情報が最新にバージョンアップできるものが多いです

 

これは移り変わりの激しいアフィリエイトの世界では重要になってきます

 

★細かい所でいえば、作業を補助するテンプレートが付いていたり

 

ファイルさえあればスマホでも閲覧できるとか、そういう利点もあります。

 

大体、以上が情報商材のメリット、デメリットです。

 

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ